インビザライン治療日記 No.1

当院の歯科衛生士(私)も、以前からずっと気になっていた「咬み合わせ」「正中のずれ」を改善するため、現在マウスピース矯正インビザラインで治療中。
先生による処方書および印象(歯型)の提出
その後、先生による治療計画の作成です。


コンピューター上でアタッチメントとアライナーの設計ができあがると、アライナー製造に入ります。